妊娠中のお腹の痒み止め薬の危険性

副作用はあります


妊娠中はホルモンの変化の影響によってお腹が痒くなってしまう事があります。

 

かゆみは本当につらいものです。
なかには痒み止め薬を安易に使用してしまう方もいるでしょう。

 

しかし、妊娠中のお腹の痒み止め薬の使用は危険性を伴うものもありますので注意しなければなりません。

 

妊娠中のお腹の痒み止め薬の危険性ですが、一般的な痒み止め薬にはステロイドが配合されています。

 

ステロイド薬と聞くと危険なイメージが強いですが、妊娠中でも産婦人科で処方される事があります。

 

アトピーやアレルギー性皮膚炎を持っている方が妊娠性掻痒を発症してしまうと速やかに鎮静化しないといけませんのでステロイド薬が使用されます。

 

塗り薬は比較的安心だけど、、、

基本的に塗り薬であるのでしたら危険性はそれほどまで高くありません。

 

体内に入らなければ大丈夫なので皮膚から吸収されたステロイドが胎児まで届くのは僅かな確率となりますから全く安全だとは言えませんが、限りなくゼロに近いです。

 

逆に飲み薬の場合は我慢する必要がありまして、痒み止め薬に限らず薬を使用する事によって胎児に悪影響を与えてしまいますので医師としっかりとした相談が必要となってきます。

 

またステロイド薬ではなく抗ヒスタミン薬がありますが、抗ヒスタミン薬は飲み薬として処方される事が多いですから、どちらかを選べれるのでしたら塗り薬の方が安全性は高いです。

 

ステロイドといった言葉で敬遠されてしまいがちですが、体内に入るかどうかが重要になってきますので、そこを考えておきましょう。

 

 

また妊婦のなかには一切薬を使用しないという方もいますが、我慢のし過ぎでかえってストレスを強く感じてしまい胎児に悪い影響や悪い環境を与えてしまうといったこともありますので、医師とよく話し合いをしながら用法と用量を守って使用した方が良いという場合も多々あるでしょう。

 

 

ステロイド薬でも副作用を出さないようにするために使用量を少なくしたり、それ以外の方法で痒みを鎮静化したりする方法もありますから危険性も考慮した上で考えてください。